建設業界の将来性とは - 建設転職.com

長期的に安定して仕事があるのか分析

建設業界の将来性は?

建設業界を取り巻く環境は大きく変わろうとしています

自民党が打ち出した経済政策は、日本の国内産業を大いに刺激しています。中でも民主党政権時代に「5年間で19兆円」と枠を設けていた東日本大震災の復興予算を更に増額するなど、公共工事が活発化しておりそのことが同業界に与える影響は、今後も大きくなると予想されています。

さらに現場で働く技能労働者や技術者、施工管理技士の減少かつ高齢化も問題になっており、団塊世代が定年退職を迎えた後は、特に深刻な人手不足が起こると予想されます。

 建設業界の技術者の観点から見た場合

現在、新エネルギー分野が注目を集めています。再生可能エネルギーによる電力の全量買取制度が開始した事と、太陽光発電や地熱・風力・バイオマスといった新エネルギーの将来性・社会貢献性の高さが注目の理由です。

このエネルギー業界には、建設士、電気主任技術者、電気工事施工管理技士などの有資格者が、有利な条件で転職しています。 こうした新たな社会的ニーズが出現したことにより、建設会社は、本当の競争環境下で維持管理、安全・環境など、地域社会に貢献していく事が求められています。

株式会社ネクストライン

排水管・貯⽔槽のメンテナンス

兵庫県宝塚市安倉南1-17-..

私達の⽣活に⽋かすことのできない⽔に関わるお仕事なので、訪問先のお客様から直接感謝さ..

株式会社創互スチール

現場作業スタッフ

埼玉県飯能市青木213-1

私達と一緒に働きませんか?経験・職歴不問です。必要なのはやる気のみ!順調に成長してい..