建設業界のさまざまな仕事 - 建設転職.com

建築、施工などさまざまな業務がある

多種多様な専門領域のある業界

建設業って?

生活の基盤作りのエキスパート

街を作り、人の生活を支える「建設業」

設計や資材の調達、実際の工事からスケジュールの管理までを建設会社や職人たちと連携して進めていく建設業は、都市の機能を作り整備するという点で人々の生活になくてはならない重要な役割を果たしています。 またその工事範囲は、住宅の簡単なリフォームや高層ビルなどの大型施設、道路の建設から治山・治水業までと幅広く、生活や経済にも密接に関わってくるため、災害時の復旧・復興への貢献度はとても大きく、「建設業」とはまさに人の役に立つ仕事でもあるのです。

具体的な仕事内容

建設業は、住宅・学校・病院などの建物を建設する建設一式工事と道路やトンネル・橋・水道などの主に社会資本の整備を担う土木一式工事、そして大工工事や鉄筋工事などの専門的な工事を請け負う専門工事に分類されます。

建設一式

総合的な企画、指導、調整のもとに建設物を建設し、複数の専門工事を組み合わせて施行する建設工事です。複数の専門業者に対する指導と監督、そしてその統括が主な仕事内容です。

土木一式

総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物を建設し、複数の専門工事を組み合わせて施行する建設工事です。工事が安全かつ予定通り進行するように土木現場で働く様々な業者を統括するのが主な仕事です。

土木大工

鉄筋コンクリートの建物をたてる場合、型枠の中にコンクリートを流し込む手順が必要になります。そのコンクリ−トが固まり型枠を外すまでが型枠大工の主な仕事内容ですが、建物の規模によってその種類も異なります。

左官工事

建物の壁や床、土堀などをコテを使って塗り上げる仕事です。主な仕事場は、マンションやビルなどの建設現場で、ペンキやタイルの下地塗りから、コンクリートの土間打ち、階段の仕上げ塗り等、その仕事内容は多岐に渡ります。

とび・大工・コンクリ

建設現場に最初に入り、全てを取り除く最後まで現場に残るのがとびです。そのため仕事の範囲は広く、必要な資格も多岐に渡ります。また高所を華麗に動き回るため「現場の華」とも称されます。

電気工事

建設工事では、電気工作物などを設置し、各種電気設備を設営します。建設作業と平行して行うことが多く、図面をもとに、建物に電線を引き込み、配線、照明器具などの端末に電気を届けます。
電気を必要とする所ならどこでも仕事があり、作業現場は高層ビルから商店、戸建住宅まで多岐に渡ります。

鉄筋工事

設計図から鉄筋の配置関係を把握し、現場に入ってくる鉄筋等の資機材を設計図通りに組み立てるのが仕事です。竣工時には鉄筋はコンクリートに隠れて見えなくなりますが、建物の骨組みというべき重要な存在になります。

塗装工事

建設物の外装や内装を塗装するのが塗装工事の主な仕事内容になります。依頼主の要望や設計図をもとにして、それに沿った塗装を施していきます。 
戸建て住宅や会社、高層ビルの外壁など、あらゆるところに活躍の場があり、壁の材質や状態などにより、使用する塗料や塗装方法も異なってくるため、熟練の経験と技がものを言う世界でもあります。

造園工事

造園工事の仕事内容は、樹木の管理だけではなく、豊かでうるおいのある暮らしを私たちに提供するために個人の庭づくり、公共事業の公園づくりや竹垣・飛石・レンガ施工に至るまで実に多岐に渡っています。

やりがい

人々の生活に必要な施設・建物を整備して、社会の基盤作りをする「やりがいのある仕事」です!

ダムや高速道路のように大規模な工事では、長い時間をかけ、多くの職人たちが働きます。また高層ビルや商業施設の建設でさえも働く人たちの数は数千人に及びます。
このように、壮大な事業を中心となって進められるのは、建設業ならでは醍醐味といっても過言ではないでしょう。出来上がった建造物が人の生活に役立ち、長い間利用されるのは、さらに大きなやりがいにもつながることでしょう。

辛いことってないの?

最近の建設業界は、従来の業務手法では対応できないほど、高度化・多様化してきていますが、元々は厳しい職人の世界です。技術は教えられるものではなく「盗むもの」という考えが根本にあるため、コミュニケーションが雑になることもしばしば。外で体を使う仕事なので、肉体的にも疲労が多い仕事ではあります。

また、工事現場では様々な業者が出入りし同時に作業するので、自分たちの都合だけでは作業が進まないこともしばしばです。朝早く、時には夜遅くまで作業しなければ行けないこともあります。
(しかし、こうしたことは何もこの業界特有ということではなく、どんな職業でもよくあることですが)臨機応変に現場の状況に即した判断をして、周りの人との連携が取れれば問題ありません。 他の業者の作業内容を理解し、それに合わせてタイミングよく仕事ができるようになれば、建設業界でも一人前として通用します。

 建設業界に入るには?

建設業界の特徴として、企業が応募要件に特定の資格を盛り込むケースが非常に多いです。そのため資格を持つ事は建設業界でのスタートに立つためにとても有効です。

以下、資格の一部をご紹介します。

土木工事系… 一級土木施工管理技士・一級建設機械施工技士

建設系… 一級建設施工管理技士・一級建設士

電気系… 一級電気工事施工管理技士・第一種電気工事士・電気通信主任技術者

給排水系… 一級管工事施工管理技士・給水装置工事主任技術者

造園工事系… 一級造園施工管理技士

消防系… 消防設備士  その他、各種一級技能士・技術士があります。

今月の注目企業

セコム株式会社(テクノ事業本部)

盈泰ジャパン株式会社

ギャロップ株式会社

冷媒配管工事者 ■ 空調設備..

福岡県福岡市東区原田2-29..

当社は創業9年、今まで空調設備工事業を営んできました。 案件も順調に増え、業績も伸..

株式会社積田電業社

電気工事施工管理技士

埼玉県さいたま市浦和区針ヶ谷..

■■ 創立75周年!新たに手掛けた新事業になります ■■ 当社は、公庁からの案件を..

日昭電気株式会社

現場代理人

東京都港区北青山2-10-2..

「電気設備の経験を活かしたい」「施工管理業務にスキルアップしたい」 「しっかりとし..

ニイヌマ株式会社

電気工事士

埼玉県八潮市大曽根1503-..

大正2年に創業し、長年に渡りお客様の声にこたえてきた当社。 本当に良いものを提供す..

ワイズネット株式会社

設計から施工管理、保守まで一..

東京都品川区広町1-3-21

当社は20~30代の社員多く活躍している、とても活気のある職場です! 先輩や上司と..